VIDEO

小室哲哉「裏切りのニンニク注射」《予告編》

週刊文春デジタル班

《完全版》動画は1月18日(木)より「週刊文春デジタル」で公開!
http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/video

 2002年にはglobeのボーカル、KEIKO(45)と再婚。だが11年、KEIKOをくも膜下出血が襲いました。以来6年、リハビリに取り組むKEIKOを小室は傍らで支え、メディアの取材にも「僕にはこの人しかいない」「彼女に寄り添いたい」と献身を語ってきました。

 しかし、昨年末から今月にかけ、小誌は小室の“背信”現場を目撃しました。12月中旬にある女性宅に泊まり、1月上旬には都内の高級ホテルで密会。ふたりは夕方、腕を組み部屋を後にしました。そして1月13日、KEIKOを大分の実家に帰したその日、同じ女性を自宅に入れ、一夜を共にしたのです。

 この女性、A子さんはシングルマザーで、柴咲コウ似の美女。小室とA子さんの出会いは数年前、彼女が看護師として勤めていたクリニックで、ビタミンB1を主成分とする“ニンニク注射”を受けたときに遡ります。やがて小室のスタジオ、そして自宅に彼女を呼んで個別に注射を受けるようになり急接近。患者と看護師だったはずの関係が、いつしか男女の仲へと発展しました。

 A子さんの存在に、KEIKOの母親は「ショックです……」と言葉少なに語るのみでした。

 小室本人は、小誌のインタビューに応じ、約40分間にわたり心境を告白しました。自らの不倫疑惑については「誤解を招く甘い言動が多々ありました。本当に申し訳ないと思っています」とした上で“男女の関係”を否定しました。だが、A子さんと自分の部屋で“一緒に寝た”ことは認めたのです。

 詳細は、1月18日(木)発売の「週刊文春」1月25日号で報じています。また、同日朝5時に「週刊文春デジタル」で公開する《密会編》《告白編》の2本の《完全版》動画と特集記事もご覧ください。

この記事の掲載号

2018年1月25日号
2018年1月25日号
<衝撃スクープ>白鵬が極秘接触する八百長キーマン
2018年1月18日 発売 / 定価420円(税込)
今週の中吊り

2018年3月1日号

2018年2月22日 発売 / 定価420円(税込)