THIS WEEK 週刊文春 掲載記事

「神ってる」誠也が6000万円
とにかく明るい広島の契約更改

「神ってる」は年間大賞に
Photo:Kyodo

「けがなく1年間試合に出て、10割、200本塁打、1000打点くらいが目標」

 そう真顔で言ってのけたのは、流行語大賞を受賞した「神ってる」で全国区になった広島の鈴木誠也外野手(22)。14日に行われた契約更改で、今季年俸1600万円から3.75倍、4400万円アップの6000万円でサインした後の一言だ。

 今季は打率3割3分5厘、29本塁打、95打点と堂々たる成績。6000万円とは“安い”気もするが――。

「そもそもカープの選手は、活躍してもドカンと上がることはなかった(笑)。それでも、通常、年俸1500万円クラスの選手が大活躍したとして、倍増プラス・アルファで4000万円ぐらいが相場。それが6000万円ですからね。むしろ大盤振る舞いと言っていい」(スポーツ紙デスク)

 その翌日には、ベテランの新井貴浩(39)が契約更改。阪神時代の年俸の10分の1、2000万円という条件で古巣に復帰したが、黒田博樹投手と共に優勝に貢献した活躍が認められ、再び1億円プレーヤーとなった。

「打率3割、19本塁打、101打点という成績もさることながら、黒田が『新井が野手を引っ張ってる』と評したとおり、彼の姿勢が若手にいい影響を与えています。1億円は妥当です」(同前)

 その新井は会見で前日の鈴木の発言を受けて、「僕(の来季目標)は『打率11割、201本塁打、1001打点』。鈴木“さん”に負けないように」と破顔してみせた。

「誠也のことは、新井も『朝早く来て練習して対戦相手も研究し、努力を厭わない今どき珍しい選手。誰が見ても凄い奴で、野球界を背負っていく男になる』と認めてますからね」(ベテラン記者)

 とにかく明るい広島の契約更改だが、その背景には球団の経営努力がある。

「ファン目線の施策が実って、観客動員数もグッズ売り上げも増えて、それを選手にも還元できる。広島といえば独立採算の健全経営がウリで、いまだかつてFA選手の獲得はゼロ。選手も球団の姿勢を理解しており、結果を出せば評価もついてくると納得しています」(球界関係者)

 総額30億円をかけて選手をかき集めた“あの球団”も、“清貧の赤ヘル”の爪の垢を煎じて飲んでみては?

「週刊文春」編集部

この記事の掲載号

2016年12月29日号
2016年12月29日号
嫌われ蓮舫と十一人の“踏み台男”
2016年12月22日 発売 / 定価400円(税込)
関連ワード

広島カープ鈴木 誠也神ってる流行語大賞新井 貴浩黒田 博樹

登録はこちら

週刊文春について 毎週木曜日発売 定価400円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。