THIS WEEK 週刊文春 掲載記事

慶應「集団強姦」3人を無期停学
主犯格Sは発表前に大学で…

主犯格のS。Sの母親は小誌に韓国語で「私たちの心情も理解してください、心情を」と答えた

 慶應義塾大学がようやく重い腰を上げた。同大広告学研究会(広研)の男子学生らが泥酔させた大学1年のA子さん(当時18)を集団強姦した事件。狂乱の夜から約2カ月が経った11月3日、大学側は関与した男子学生を処分したのだ。処分されたのは商学部2年のS、理工学部1年のXとY(以上、無期停学処分)、環境情報学部2年のZ(譴責処分)の4人。

 大学関係者が説明する。

「このうち主犯格が広研日吉代表のSで、強姦行為をしたのがXとYです。広研SFC代表だったZは、監督責任を問われての処分でした」

 発覚の経緯は、10月4日に清家篤塾長名で告示された広研の解散命令。理由は「9月2日の未成年飲酒」と矮小化されていたが、実は当日、集団強姦が起きていた事実をいち早く詳らかにしたのが、小誌の報道(10月20日号、同27日号)である。

「抵抗しましたが、力ずくで……1人に手を押さえつけられ、2人に暴行されました」

 A子さん本人による覚悟の告白を掲載する一方、小誌は今回処分を受けた4人の当事者、または彼らの親を直撃した。偽名を騙って逃げ惑う学生、取材に激高する母親など反応はそれぞれだが、真正面からA子さんへの謝罪を口にする者はいなかった。

 今回の処分について広研に所属していた学生が明かす。

「何を今さら、という印象。無期停学は反省文を書けば数週間程度で解けた前例もある。主犯格のSを処分発表前に日吉キャンパスで見かけましたが、茶色く染めていた髪を黒くし、さすがに気の抜けたような表情をしていました」

 A子さんが最も許せないと語っていたのがこのSだ。

「Sは強姦には加わっていませんが、その様子をスマホで撮影していた。さらに、解散処分と同時に広研主催の『ミス慶應コンテスト』が中止になると、A子さんのせいだと八つ当たりし、ファイナリストに謝罪するよう要求したんです」(A子さんの知人)

 大学側はA子さんと母親に改めて処分の経緯を説明する意向だが、母親は法による裁きを強く望んでいる。

「(今回の)処分について特に感想はありません。今は警察の捜査を見守るだけです」

 A子さんの被害届を受けた神奈川県警は今も粛々と捜査を進めている。

「週刊文春」編集部

この記事の掲載号

2016年11月17日号
2016年11月17日号
朴槿恵の末路
2016年11月10日 発売 / 定価400円(税込)
関連ワード

慶應義塾大学集団強姦無期停学広告学研究会

登録はこちら

週刊文春について 毎週木曜日発売 定価400円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。