クローズアップ 週刊文春 掲載記事
3.11スペシャル

『つなみ』の子どもたちが語る
あの日から5年、これからの5年

文藝春秋4月臨時増刊号『つなみ 5年後の子どもたちの作文集』

司会・構成森 健 (ジャーナリスト) プロフィール

もり けん/ジャーナリスト。1968年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒。企画・取材・構成にあたった『つなみ 被災地のこども80人の作文集』、著書の『「つなみ」の子どもたち――作文に書かれなかった物語』で、被災地の子どもたちとともに第43回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。最新刊は『小倉昌男 祈りと経営』。

――お店の場所はどこに?

三束 やはり元の家のあたりで。また津波が来るのは嫌ですけど、見慣れた土地にカフェを建てたいんです。お年寄りの方には持ち帰れるケーキを販売して、若い人には座ってゆっくりできる店をつくりたいと思っています。

――橋浦さんは将来先生になりたいと書いていたね。

橋浦 はい。小学校の先生になりたいんです。それもやっぱり震災が関係していて、震災があったとき私は小6でした。当時は幼かったから命の重要性とか、深くはわからなかったと思うんです。でも、あの黒い津波を間近で体験したからこそ、伝えられることはあると思います。人との関わり、防災教育とか。

行方 僕も将来像は震災に関係していて、環境の仕事に就きたいと思っているんです。人的被害が多く伝えられますが、防災林や河川など自然環境にも大きく被害が出ました。環境の整備というのは、今後重要になってくると思います。だから大学では環境を専門的に学べるところに行きたいし、そういう仕事に関われたらと思っています。

――ようやく5年。今後についてはどう思う?

行方 石巻は犠牲者が一番多い町だったし、沿岸部では人も減ってしまった。いまは規制もできて住めないところもあります。それは仕方ないとしても、そうした土地もうまく活かせるような復興にしたい。

――そのためには、どうするのがいいと思う?

行方 やはり被災経験者が意見を出さないといけないですね。中学のとき、生徒会で石巻市役所での意見交換会に出席しましたが、いろんな地域の人が情報を交換してはじめてわかることがありました。正直、石巻市民でももう沿岸に行きたくないという人もいると思うんです。でも、人が来やすくする環境整備をしていかないといけないと思う。

橋浦 閖上は昨年末には私たちが逃げ込んだ小学校や中学校も撤去されることになって、ほとんどもう何も残っていないんです。いまあるのは、歩道橋や日和山という高台ぐらい。だから、せめていまある朝市は残ってほしい。記憶が薄れていくのが悲しいですから。

三束 気仙沼は、私に関係なく、いい方向に進むと思っています。防潮堤もできるし、大島という近い島への橋もできるでしょう。私は、戻って住みたいと思っているし、お店を出すことで活気のある町のきっかけになりたいと思ってます。

つなみ 被災地の子どもたちの作文集 完全版

森健・編

定価:本体1,300円+税 発売日:2012年06月13日

司会・構成森 健 (ジャーナリスト)

この記事の掲載号

2016年3月17日号
2016年3月17日号
テレビの天敵 高市早苗総務相 嫌われる理由
2016年3月10日 発売 / 定価400円(税込)

登録はこちら

週刊文春について 毎週木曜日発売 定価400円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。