クローズアップ 週刊文春 掲載記事
3.11スペシャル

『つなみ』の子どもたちが語る
あの日から5年、これからの5年

文藝春秋4月臨時増刊号『つなみ 5年後の子どもたちの作文集』

司会・構成森 健 (ジャーナリスト) プロフィール

もり けん/ジャーナリスト。1968年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒。企画・取材・構成にあたった『つなみ 被災地のこども80人の作文集』、著書の『「つなみ」の子どもたち――作文に書かれなかった物語』で、被災地の子どもたちとともに第43回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。最新刊は『小倉昌男 祈りと経営』。

震災体験で見えた将来の目標

三束 震災のあと「元に戻す」という目標があったと思うんです。その目標からすると、海が見えない気仙沼は地元の人にとって別物に感じてしまう。長年海を見て暮らしてきたので、巨大な防潮堤は見たくない。その思いが反対につながっているのだと思います。もちろんまた津波が来たら、どうするのかという安全面の話もあるので、矛盾はしているんですが……。本当にこれは悩ましいです。

――橋浦さんは作文で、いまも閖上で続く朝市などに触れていますね。懐かしいという気持ちがあり、続いてほしいと思う。と同時に作文にはこう書いている。〈今私の実家のあった土地に行っても正直鮮明に思い出すことができません〉。

橋浦 そうなんです。さいかい市場という元の商店街が集まった市場もできました。そういう馴染みのあるお店などが続いているのはうれしいです。でも、閖上の近くで造られている再建地区に戻りたいかと言われたら、戻らないです。商店やお店ができるのはいいかもしれませんが、住むとなると……。私の友だちでも、閖上には戻らないという意見がほとんどです。

――それはどうして。

橋浦 昔の閖上は好きです。でも、これから再建する住宅や商業地区は昔のようにはならないし、新たにできた町にわざわざ行く理由もありません。そもそもあまりに多くの被害者がいるので、つらいという思いもあります。

――閖上の犠牲者は800人近く。7人に1人ぐらいがなくなった地域でしたね。

橋浦 だから、いまでも帰るのはつらい、怖いという人はけっこういます。

三束 私は逆で、早く気仙沼で自分のお店を開きたいと思っているんです。そう決めたのは中2でした。

――三束さんは作文にこう書いてます。〈元々、母の影響で作ることは好きだったのですが、炊き出しを食べて皆が笑顔になっているのに感動し「私も食で誰かを笑顔にしたい」と思うようになりました〉。

三束 はい。それで高校も料理や栄養が学べる高校に進み、いまはケーキや洋菓子の調理法に加え、経営も勉強しているんです。それは気仙沼でお店を開くためなんです。経営の勉強も大変で、自己資金は最低いくら必要で、人件費は30パーセントまでとか。

橋浦・行方 すごーい!

【次ページ】

この記事の掲載号

2016年3月17日号
2016年3月17日号
テレビの天敵 高市早苗総務相 嫌われる理由
2016年3月10日 発売 / 定価400円(税込)

登録はこちら

週刊文春について 毎週木曜日発売 定価400円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。