不肖・宮嶋のオラオラ日記 WEBオリジナル記事

日本一過酷な競技会 (前編)

文・写真宮嶋 茂樹 プロフィール

みやじま しげき/1961年5月生まれ。兵庫県明石市出身。日本大学芸術学部写真学科卒業。幼少の頃のあだ名は「明石の火打ち石」。通称「不肖・宮嶋」。自称は「写真界のハリソン・フォード」改め、「写真界のジョージ・クルーニー」(年齢が同じやから)。写真週刊誌の専属カメラマンを経てフリーの報道カメラマンに。主に、修羅場を好むが負傷が絶えず、負傷・宮嶋と呼ばれていたものが、不肖・宮嶋に転じたという説もある。第2回雑誌ジャーナリズム賞、第4回日藝賞を受賞するも世界的ビッグタイトルには未だ恵まれず、そこが宮嶋の限界と揶揄されている。本人は「50歳引退宣言」を撤回し、新米カメラマンの頭を蹴落とすことを生きがいに55歳まで現役を続けると宣言し直している。

なお、著書は40冊以上。売れ行きは、そのほとんどが採算ラインをやや上回る程度。最新刊は東日本大震災の記録である「再起」(KKベストセラーズ)、「不肖・宮嶋のビビリアンナイト」(祥伝社)。文藝春秋からも6冊の刊行物があるが、なぜかすべて絶版。もちろん、刊行予定もない。

 今回訪れた自衛隊の西部方面普通科連隊は、長崎県佐世保市の相浦駐屯地に駐屯する陸上自衛隊西部方面総監直轄の普通科連隊である。

 編成されてまだ10年の新設部隊である。名前こそ普通科だが、中身は全く普通ではない。

 米海兵隊武装偵察部隊に似た、極めて特殊な部隊で、その特殊能力や訓練の詳細は明らかにされていない。自衛隊の中でも最精鋭部隊のひとつで、部隊のエンブレムも通称WAiR、「ワイアー」と呼ばれている。

 これはWestern Army Infantry Regimentの略で、直訳すれば「西部方面陸軍歩兵連隊」ということになる。

 これは西部方面総監部の直轄の600人からなり、島嶼の防衛や上陸・奪還を主任務とする。カウンターパートナーは米海兵隊で、ともに日本の内外で偵察、水路潜入、敵前上陸、制圧という過酷な訓練を続けている。

 いずれ実行されることになるかもしれない尖閣防衛作戦や竹島奪回作戦の先兵となる部隊なのである。

 隊員のほとんどがレンジャー資格を有し、海上へのパラシュート降下は当たり前、海上自衛隊のスキューバ資格までもっているという噂である。

佐世保基地に停泊する海上自衛隊の護衛艦と潜水艦。左奥に見えるのは米海軍、強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」。

【次ページ】 他の駐屯地とは全く違う緊張感

関連ワード

自衛隊WAiR宮嶋 茂樹

登録はこちら

週刊文春について 毎週木曜日発売 定価400円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。