今週の必読 週刊文春 掲載記事

新聞はなぜ権力に屈したか

『真実 新聞が警察に跪いた日』 (高田昌幸 著)

評者坂上 遼 プロフィール

さかがみ りょう/1952年生まれ。ノンフィクション作家。『消えた警官』『ロッキード秘録』『無念は力』などの著書がある。

たかだまさゆき/1960年高知県生まれ。86年北海道新聞社入社。本社報道本部次長、ロンドン支局長などを経て、2011年6月末に退社。本年4月から高知新聞社勤務。04年北海道警察裏金問題を追及する報道で新聞協会賞、日本ジャーナリスト会議大賞、菊池寛賞受賞。 柏書房 1995円(税込)

 登場する歪んだ精神の持ち主たちとその人間模様だけに目を奪われていては、本質を見失ってしまう。この作品の凄さは、企業(組織)ジャーナリスト、ジャーナリズムが抱える「いびつな社内文化」による「ジャーナリズムの崩壊過程」を見事な筆致で描写している点である。著者が冷静に事実に事実を積み重ね、真実を記せば記すほど、読者は怒りに熱くなるはずだ。

 著者は03年11月から05年6月にかけて北海道新聞が調査報道によって暴露した「北海道警察裏金流用事件」の担当デスク。一連の報道で、04年仲間と共に日本ジャーナリスト会議大賞、新聞協会賞、菊池寛賞を受賞する。しかし栄光の陰には9億円余りの裏金流用を暴露され恨み骨髄の北海道警と3賞受賞の快挙を妬む同僚たちがいた。

 新たな展開は、05年3月の〈道警と函館税関『泳がせ捜査』失敗〉で、覚せい剤130キロ、大麻2トンの薬物が国内に流入したという記事に始まる。これを事実無根とする道警と、警察内部の情報に基づいて書いた調査報道だとする道新側の対立が鮮明になる。

 それと表裏一体をなすかのような道警OBによる、“枝葉末節”な抗議がはじまる。さらに道新にとって最悪だったのは前年の室蘭支社営業部次長による着服事件に続いて、東京支社の広告局社員による使い込みの発覚だった。道新への強制捜査を恐れた幹部たちは、道警が誤報と断じる「泳がせ捜査失敗」の記事の謝罪と著者ら新聞協会賞受賞記者たちを生贄にすることで手打ちを画策する。佐々木譲の「道警小説」ではない。これは実話である。

 社内会議の模様は報道本部長や道警記者クラブキャップによって道警OBへ筒抜けになる。そこには仲間の栄誉を褒め称える度量もなく、仕事でやり返せる実力もない輩(やから)たちの情けないほどの嫉(そね)み、妬(ねた)み、恨みつらみが見て取れる。〈おまえら地獄に落ちろって〉――これが道警キャップの言葉である。キャップはさらに〈高田をロンドンから引き戻してやっつけてほしい。新聞協会賞も返せばいい。提訴は早いほど効果が高い〉と名誉棄損で訴えるように道警OBを唆(そそのか)す。元公安警察官の手のひらで転がされた報道本部長、道警キャップらの背信行為は皮肉にも裁判証拠資料〈甲84号証〉によって露呈する。

 ジャーナリズムの機能のひとつに「権力監視」がある。この作品を「ジャーナリズムを放棄した北海道新聞」として読むのではなく、同様のことが日本の企業ジャーナリズム、いや企業そのものに巣食うていることを再認識すべきであろう。

この記事の掲載号

2012年5月17日号
2012年5月17日号
告発スクープ! 朝日新聞主筆 若宮啓文氏 女・カネ・中国の醜聞
2012年5月9日 発売 / 定価380円(税込)
関連ワード

高田 昌幸坂上 遼

登録はこちら

週刊文春について 毎週木曜日発売 定価400円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。