不肖・宮嶋のオラオラ日記 WEBオリジナル記事

石垣島で、どないしてくれるねん、と叫ぶ

文・写真宮嶋 茂樹 プロフィール

みやじま しげき/1961年5月生まれ。兵庫県明石市出身。日本大学芸術学部写真学科卒業。幼少の頃のあだ名は「明石の火打ち石」。通称「不肖・宮嶋」。自称は「写真界のハリソン・フォード」改め、「写真界のジョージ・クルーニー」(年齢が同じやから)。写真週刊誌の専属カメラマンを経てフリーの報道カメラマンに。主に、修羅場を好むが負傷が絶えず、負傷・宮嶋と呼ばれていたものが、不肖・宮嶋に転じたという説もある。第2回雑誌ジャーナリズム賞、第4回日藝賞を受賞するも世界的ビッグタイトルには未だ恵まれず、そこが宮嶋の限界と揶揄されている。本人は「50歳引退宣言」を撤回し、新米カメラマンの頭を蹴落とすことを生きがいに55歳まで現役を続けると宣言し直している。

なお、著書は40冊以上。売れ行きは、そのほとんどが採算ラインをやや上回る程度。最新刊は東日本大震災の記録である「再起」(KKベストセラーズ)、「不肖・宮嶋のビビリアンナイト」(祥伝社)。文藝春秋からも6冊の刊行物があるが、なぜかすべて絶版。もちろん、刊行予定もない。

 やるやると聞いていたが、ホンマにやりよった。かの国の金サンが国際社会の大反対も敢然と無視して、弾道ミサイルを我が国に向けてぶっ放しよったのである。

 幸か不幸か、今のところ、被害は出ていないが、ビス1本でも沖縄県民の頭上に落ちてきたら、どえらいことになっていたのである。ホンマ、どないしてくれるねん。

 マトモに走る車1台自前で作れない、工業力ゼロの国でマトモに飛ぶミサイルが作れるわけないやないか。

 それでも我が国の国土と国民の安全と生命・財産を守るために、我が国の自衛隊は遥か石垣島に、弾道ミサイル迎撃のためのPAC-3ミサイル部隊を配置。

 それだけではない。それを北朝鮮の工作員から守るために、450人もの陸上部隊まで展開させ、さらに、周辺海域には、大気圏外で北の弾道ミサイルを撃ち落とすためにSM-3ミサイルを満載した3隻のイージス艦までをも展開させたのである。

甲板には水兵さんに加え、航空自衛隊PAC-3部隊が整列して入港を果たした。これ早朝0700(マルナナマルマル)。軍艦の入港はいっつも早朝である。
港から埋地まで島内の一般道をPAC-3部隊は移動する。沖縄県警のPC(パトカー)の先導も最初だけ。
マル火のマークは火取法で掲示が義務付けられとるらしいが、こんなもん大っぴらに見せびらかしとったら実弾がどの車に搭載されとるか北のスパイにも丸分かりやないか。ほんま日本ぐらいやで、戦車に方向指示器ついとるのは。
石垣の青い空ににらみをきかすPAC-3。幸いにも今回は北朝鮮の打ち上げ失敗によってついに火を噴くことはなかった。
PAC-3が設置された自衛隊臨時野営地にはヘリがひっきりなしに離着陸して、物資、人員を運び込む。
空から海から、物資と人員が石垣にやってくる。このまま基地を作って尖閣防衛の前線基地にしたらどやろか、と思うのはワシだけか。
今そこにある危機である。PAC-3に、民間人は近づけないが、子犬は悩みないのう。

【次ページ】 旗を振って反対しているのは10人程度

関連ワード

宮嶋 茂樹

登録はこちら

週刊文春について 毎週木曜日発売 定価400円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。