• 著者は語る

    行き止まりの“その先”を目指す人々を温かく描く

    『トオリヌケ キンシ』 (加納朋子 著)

     学校と家とで性格が一変する女の子、人の顔や表情が見分けられない少年……。短編集『トオリヌケ キンシ』の登場人物たちは、みんな少しだけ他の人と違う。障害とまでは呼べない症状、特技と…

    2014.11.23
Prev
Next

内側へ内側へ縮小する スマホ世代への警鐘

クリストファー・ノーラン (映画監督)

登録はこちら

週刊文春について 毎週木曜日発売 定価400円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。